Person in Charge

サービス提供責任者の業務と役割  

     介護保険制度におけるサービス提供責任者の業務と役割
   「サービス提供責任者」(コーディネーター)は、介護保険制度によって訪問介護事業に新たに配置が義務づけられた役割(役職)です。「チームによるサービス提供の理解」〈・−エコ三壬ペ叫ジ〉で学んだようにチームケアの要となる存在であるとともに、ホームヘルパーの研修を含めてサービスの質の向上においても重要な役割をもっています。
1. サービス提供責任者の役割
.サービス開始までの業務
  (1)訪問介護計画書の作成
  介護支援専門貞(ケアマネジャー)の作成した「居宅サービス計画」には、訪問介護員が担当する大まかなサービス内容が
  記載されています。サービス提供責任者は、これをもとに利用者の日常生活全般の状況および希望をふまえて、より具体的
  な訪問介護の目標とサービス内容を記載した「訪問介護計画書」を作成することとなっています。
   (2)利用者・家族への説明・同意
  サービス計画(書)の内容を利用者に説明し、訪問日程の確認や個々の援助内容に同意を得ます。
  (3)担当ホームヘルパーの選定/事前説明
  実際に訪問することとなる担当ホームヘルパーを選定し、サービス内容の具体的な説明や必要に応じた事前の指導を行い
  ます。
  (4)初回訪問(同行訪問)
  担当ホームヘルパーの初回訪問時には、サービス提供責任者が同行し、利用者へ紹介します。必要に応じて、担当ホーム
  ヘルパーの行うサービス内容の確認も行います。
   
B. サービス開始後の主な業務
  (1)訪問介護計画の見直し担当ホームヘルパーからの報告や定期訪問によって利用者の状態変化や要望に応じて、適宜訪問
  介護計画の見直しを行います。
  (2)ほかの専門職との連携
  サービス全体にかかわる問題では、介護支援専門貞と連絡をとり、ほかのサービス事業者との連携を行う窓口を務めます。
  (3)利用者からの苦情対応
  サービス内容や担当ホームヘルパーに対する利用者からの苦情を受け付け、すみやかに訪問し、その対応を図ります。
  (4)担当ホームヘルパーヘの指導
  担当ホームヘルパーの援助内容は、援助後の電話や毎月の報告書を通じて、サービス提供責任者に報告されます。これら
  定期的な報告や不定期の相談を通じてサービス提供責任者は担当ホームヘルパーにアドバイスをしたり、就業上の悩みを
  受けとめたりします。また、事業所に義務づけられているホームヘルパーへの現任研修のカリキュラムや講師を担当するの
  も多くの場合、サービス提供責任者がなっているようです。

                         訪問介護サービスの利用開始の流れ

居宅介護支援事業者

介護支援専門員

居宅サービス計画(ケアプラン)

サービス提供責任者

ヘルパー決定

事前訪問 アセスメント

事前指導

訪問介護計画 (個別援助計画)

サービス内容

説明・同意

ホームヘルパー

→→→→→→→

利用者

サービス提供

訪問介護事業者

 
   
2. サービス提供責任者の配置と要件
  訪問介護事業所として指定を受けるためには、サービス提供責任者の配置が必要です。
.配置基準
   事業の規模に応じて、次のうちどちらか一方の基準をクリアする必要があります。
   @ 月間のべサービス時間450時間につき1人
 A 訪問介護員(ホームヘルパー)10人につき1人
.任命時の資格要件
   @介護福祉士、A介護職員基礎研修修了者、Bホームヘルパー1級、C同2級取得かつ3年以上の経験
  ※ただし、Cは暫定的な規定であり、@ABのいずれかの資格をすみやかに取得することが必要である。
 

Home

サービス提供責任者 介護職員基礎研修 基礎研修の評価基準    

いい介護施設探そう介護ナビ千葉